【戦評】春季リーグ戦第6日 vs 中央大学

日頃よりお世話になっております。商学部1年の濵本健人と申します。先日行われました、春季リーグ戦第6日目の試合結果をご報告いたします。

4月22日(日)於:ウイングハット春日部
○慶應義塾大学3-2中央大学●
第1セット 15-25
第2セット 33-31
第3セット 21-25
第4セット 25-16
第5セット 15-13

【先発選手】
WS: マルキ(総3)、小出(環1)
OP: 富澤(経3)
MB: 片波見(文3)、樫村(総2)
S : 吉田(法2)
L : 永田(総1)
【交代選手】
岩本(商4)、清水(総2)、加藤靖(商1)、宮川(総1)、谷(環1)
【控え選手】
伊藤(総4)、本多(商3)

【試合内容】
先日初勝利を奪った慶應は2連勝としたいところだが、相手は全勝今季春リーグ全勝の全日本にも選出されたエース都築率いる中央大学。高さのある攻撃が武器の中央大学に対して慶應の得意のブロックで対抗する。

【第1セット】
2連勝するべく序盤からせめていきたい慶應だったが中央大学MB梅本のサーブで崩されMB水野にブロックを決められさらに梅本にサービスエースを取られ0-3とリードを奪われる。さらに水野に2本連続ブロックやOP谷口にサービスエースを取られ1-6までリードを広げられる。追いつきたい慶應はWSマルキがスパイクを2本連続スパイク決め立て直そうとするも、水野のサーブに苦しみ谷口に3本連続スパイクを決められ5-12まで広がる。さらに追いつきたい気持ちが焦りにつながり慶應にミスが目立つ。流れを変えたい慶應はMB片波見の代わりにS谷をピンチサーバーで起用するも得点にはつながらず10-18と終盤に差し掛かってしまう。終盤S吉田のスパイクやツーアタックで盛り返すも、WS富田や谷口の勢いが止まらず最後は吉田のサーブがアウトになり15-25でセットを落とす。
【第2セット】
このセットを奪い振り出しに戻したい慶應は片波見の代わりにMB清水を、WS小出の代わりにWS岩本を起用し立て直しを図る。この交代が功を奏し、開始早々マルキのスパイクや富澤のスパイクが決まり4-0とリードを奪うも、谷口のサーブに崩され慶應のミスもあり4連続失点を奪われ5-5と同点に追いつかれる。慶應は岩本の安定したレシーブからコンビを繰り出し得点を奪うと中央大学の高さのある攻撃で取り返しシーソーゲームが続く。ここで梅本にスパイクやブロックで4連続得点を奪われ10-12と逆転されるが、吉田の強烈なサーブで崩しマルキがスパイクを決めるなど3連続得点を奪い13-12と逆転する。中盤中央大学が3連続得点を奪えば慶應も奪い返すなど一進一退の攻防が続き19-19なる。富田がスパイクを決めれば負けじと富澤がスパイクを決めるも21-22で富田にサービスエースを奪われ21-23となる。富田のサーブがネットにかかるも谷口にスパイクを決められ23-24とセットポイントを握られる。この窮地でサーブが回ってきたのはエース富澤、ミスしたらセットを奪われる状況にもかかわらず強烈なサーブを放ち中央大学を崩し連続得点を奪い24-24と追いつきデュースへと入るその後もお互い強烈なスパイクを決め続け31-31となる。ここでマルキのサーブが相手を乱し富澤がスパイクを決め遂にセットポイントを握る。最後は相手のサウスポー谷口のスパイクを岩本がシャットアウトし33-31で激闘を制しこのセットを奪う。
【第3セット】
激闘を制した慶應は流れに乗ってこのセットも奪いたいところだが、序盤から谷口や都築にスパイクを決められ3-4となる。中央大学は安定したレシーブからスパイクを決めるのに対し、慶應はエース富澤にトスを集め得点を重ね10-11と中盤に差し掛かる。しかし慶應は1点差を中々詰められない。なんとか同点に追いつきたい慶應は積極的にMB樫村のクイックを使い得点を重ねるもミスが目立ち追いつけず18-19と終盤に差し掛かってしまう。引き離されたくない慶應だったが富田にスパイクを決められ2連続得点を奪われる。さらに谷口のスパイクや富澤のスパイクが富田に止められ3連続得点を奪われ20-24とセットポイントを握られる。富澤のスパイクで巻き返しを図るも最後は谷口にスパイクを決められ21-25でこのセットを落とす。
【第4セット】
後がなくなった慶應は序盤から猛攻を仕掛け相手のミスもあり5-3とリードする。波に乗りたい所だったが相手S牧山の冷静なツーにより中々リードを広げられない。しかしここで岩本のサーブで相手を崩し富澤がスパイクを決め2連続得点を奪う。中盤は両チームサイドアウトが続き13-11となる。ここでS吉田がセッターとは思えぬ強烈なスパイクを決め連続得点を奪う。さらに吉田のサービスエースやマルキ、富澤のスパイクが決まり4連続得点を奪い18-13とリードを広げる。慶應の勢いは止まらず樫村のクイックやL永田のファインプレーもあり3連続得点をまたも奪い21-14となる。都築に代わりに入ったWS中野に終盤スパイクを決められるも最後はマルキのスパイクが決まり25-16でこのセットを奪いフルセットにもつれ込む。
【第5セット】
15点マッチのため序盤からリードを奪いたい慶應は岩本のサーブが相手を崩し富澤、マルキがスパイクを決めさらに好調だった相手のサウスポーエース谷口をマルキが2本シャットアウトするなど5連続ポイントを奪い5-1と大きくリードを奪う。このままいきたい所だが、さすがは開幕5連勝の中央大学はエース都築にトスを集め3連続得点を奪い5-4とする。中盤はお互い一歩も譲らずシーソーゲームが続き10-9と終盤に差し掛かる。お互い連続得点を奪いたい所で均衡を破ったのは慶應だった。この緊迫した場面で吉田がノータッチエースを奪い12-9と連続得点を奪う。このままいきたい所だったが中央大学谷口に永田がノータッチエースを奪われ13-12まで追いつかれる。しかしタイムアウト明け永田は切り替えきっちりサーブを返し樫村がBクイックを決め14-12とセットポイントを握る。谷口にスパイクを決められるも最後は岩本がサーブを返球しエース富澤がスパイクを決め15-13でこのセットを奪い激闘を制す。

よってセットカウント3-2本塾の勝利。2勝4敗で第7戦に挑む。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】
久保田さん(S37)
栗田さん(S53)
蕪木さん(H8)

万が一記入漏れがございましたらご一報ください。
それでは失礼します。

濵本健人