【戦評】春季リーグ戦第8日 vs 駒澤大学

日頃よりお世話になっております。商学部1年の濵本健人と申します。先日行われました、春季リーグ戦第8日目の試合結果をご報告いたします。

4月29日(日)於:キッコーマンアリーナ

○慶應義塾大学3-0駒澤大学●
第1セット 25-22
第2セット 25-21
第3セット 25-21

【先発選手】

WS:マルキ(総3)、小出(環1)
OP:富澤(経3)
MB:清水(総2)、樫村(総2)
S :吉田(法2)
L :永田(総1)

【交代選手】
片波見(文3)、勝呂(法1)、

【控え選手】
伊藤(総4)、本多(商3)、岩本(商4)、谷(環1)、宮川(総1)

【試合内容】
3連勝の勢いでさらに勝ち星が欲しい慶應の相手は過去3年勝利経験のない駒澤大学。緻密なコンビバレーに高さのあるスパイクとブロックで対抗していきたい所である。

・第1セット
3連勝の勢いのままこの試合も勝ち切りたい慶應は開始早々MB片波見がサービスエースを奪うも駒澤大学WS森田にスパイクを決められ4-3とする。序盤から慶應は果敢に攻めていくも相手の堅いレシーブに中々攻撃を決めることができない。中盤MB片波見の強烈なブロックやWS小出のサービスエースもあり3連続得点に成功する。さらに片波見のサーブで崩しMB樫村、マルキの2本連続ブロックもあり13-10とリードを奪う。しかしここで慶應のサーブミスが目立ち相手に流れを渡してしまう。お互い一歩も譲らない状況が続き20-18となる。ここで相手MB谷崎にスパイクを決められ、さらにOP斎藤にサービスエースを取られ20-21と逆転される。しかし慶應もマルキのスパイクや吉田のツーアタックもあり4連続得点を奪い24-22とセットポイントを握る。最後は相手のサーブがアウトになり25-22でこのセットを奪う。

・第2セット
続く2セット目もお互い序盤から一歩も譲らない攻防が続きシーソーゲームとなり5-4となる。ここで樫村が強烈なAクイックを相手コートに叩き込み会場を沸かす。連続得点が欲しい慶應はエース富澤にトスを集め連続得点に成功し9-6となる。中盤は慶應が高さを生かしたスパイクを決めると駒澤大学は巧みなコンビバレーでブロックに的を絞らせず一進一退の戦いが続き15-15となる。ここで慶應のミスにより相手に2連続得点を許してしまう。追いつきたい慶應は富澤のスパイクや片波見のブロックで17-17と同点に追いつく。ここで片波見に代えてMB清水を起用すると清水のサーブで相手を崩し富澤が3本連続スパイクを決め21-19と大きくリードを奪う。最後まで攻撃の手を緩めない慶應は最後もマルキのスパイクや樫村のブロックによりついに24-21でセットポイントを握る。最後は相手OP橋本のスパイクがアウトになり25-21でこのセットを奪う。

・第3セット
このセットを取れば初のストレート勝利となる慶應は序盤に樫村にトスを集めクイックを決める。しかし駒澤大学森田にサービスエースを取られ2連続得点を許してしまうも慶應も樫村がサービスエースを取り返し2連続得点を奪い6-5と一歩も譲らない状況が続く。この場面で吉田が足で上げたトスを小出が決めるというビックプレーが起き流れを引き寄せる。続く吉田のサーブで2連続得点を奪い9-6と点差を広げる。さらに次の小出のサーブでも崩しマルキが3本連続スパイクを決め14-7と大量リードを奪う。しかし駒澤大学も負けじと森田がスパイクを決め点差を詰めようとするもL永田のファインレシーブもあり連続得点を許さず18-12と終盤に差し掛かる。ここでこの試合がリーグ戦デビューとなるMB勝呂をピンチサーバーで起用するも惜しくも得点にはつながらない。さらに斎藤に2本連続でスパイクを決められ、WS谷平に好調だった富澤が止められ3連続得点を許し19-16と3点差まで詰められる。終盤にもう一度気を引き締めなおした慶應はマルキのブロックや富澤のバックアタックでついに24-21でマッチポイントを握る。最後は相手のネットタッチにより25-21でこのセットを奪いストレート勝利を収める。

よってセットカウント3-0本塾の勝利。4勝4敗で第9戦に挑む。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】
久保田さん(S37)
小林さん(S42)
隅田さん(S45)
塩坂さん(S46)
橋口さん(S47)
田中さん(S51)
阪井さん(S52)
栗田さん(S53)
中上さん(S55)
鈴木さん(H23)
増田さん(H30)

万が一記入漏れがございましたらご一報ください。
それでは失礼します。

濵本健人