【戦評】全日本インカレ2日目 vs 大阪商業大学

日頃よりお世話になっております。
商学部1年の加藤 真と申します。
先日行われました、第70回秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会、トーナメント第2回戦の試合結果をご報告いたします。

11月29日(水)於:大田区総合体育館
●慶應義塾大学 0-3 大阪商業大学○
第1セット 15-25
第2セット 17-25
第3セット 19-25
【先発選手】
WS:マルキ(総2) 、吉田(法1)
OP: 黒田(環4)
MB:佐藤(環4) 、樫村(環1)
S: 尾木(法4)
L:長澤(環4) 、松岡(文4)
【交代選手】
岩本(商3)、浦部(総2)、清水(総1)
【控え選手】
増田(環4)、立木(法4)、五味渕(環2)
【試合内容】
上位進出を狙う本塾バレーボール部は前日の試合を終始優位に進め、勢いそのままに2回戦に臨む。

・第1セット
S中野のジャンプサーブをノータッチでコートに落としてしまった慶應はMB佐藤のクイックで得点を奪うも、続くWS酒井・MB谷本にもサービスエースを奪われ2−9でタイムアウトを要求する。立て直しを図った慶應だが、OP兵藤に2連続サービスエースを奪われ3−12と大きなリードを許してしまう。状況を打破したい慶應は佐藤のクイックとWS吉田のサーブで巻き返しを図るが、慶應にミスが連発し最後もミスで15−25。このセットを落とす。

・第2セット
このセットは互いのサーブミスからはじまる。優位に試合を進めたい慶應だが再び兵藤にサービスエースを奪われ、さらにMB山本にクイックを次々と決められたまらず序盤で2度のタイムアウトを使い切ってしまう。このセットでも佐藤が一人気を吐き、次々とクイックを決めチームを鼓舞し続ける。しかし最後は兵藤にスパイクを決められ17−25でこのセットを落とす。

・第3セット
佐藤のクイックで先制すると尾木のサービスエースが飛び出し、チームに勢いをもたらす。するとこのセット再びコートに戻ってきた樫村がクイックを次々に決めリズムを作り出す。酒井にサービスエースを許してしまったもののすぐに佐藤がチームを立て直し、チームは落ち着きを取り戻す。しかし慶應のスパイカーが大商大のブロックに引っかかり始めると酒井が確実にスパイクで切り返して決められる。尾木がサーブで気を吐きサービスエースを奪ったものの最後は慶應のレシーブが乱れてしまい反則を取られ19−25でこのセットを落とす。

よってセットカウント0−3で本塾の負け。第70回秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会をベスト32で終え、増田主将の代は引退となる。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】
久保田さん(S37)
隅田さん(S45)
橋口さん(S47)
諏訪さん(S51)
栗田さん(S53)

万が一記入漏れがございましたらご一報ください。

それでは失礼致します。

加藤 真