【戦評】全日本インカレ1回戦 vs 島根大学

日頃よりお世話になっております。
商学部1年の加藤 真と申します。
先日行われました、第70回秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会、トーナメント第1回戦の試合結果をご報告いたします。

11月28日(火)於:大田区総合体育館
○慶應義塾大学 3-0 島根大学● 
第1セット 25-15
第2セット 25-15
第3セット 25-10
【先発選手】
WS:マルキ(総2) 、吉田(法1)
OP: 黒田(環4)
MB:佐藤(環4) 、樫村(環1)
S: 尾木(法4)
L:長澤(環4) 、松岡(文4)
【交代選手】
増田(環4)、立木(法4)、岩本(商3)、谷口(環2)、五味渕(環2)、清水(総1)
【試合内容】
ついにこの代の集大成となる全日本インカレが開幕する。1部復帰などを成し遂げたこの代が有終の美を飾るべくトーナメントの1回戦に挑む。

・第1セット
相手のWS河野のサーブミスで先制した慶應は、WSマルキのスパイクでブレイクに成功し更にMB樫村のクイックとブロックで7-2と引き離す。このリードを保って中盤に入ると、今大会オポジットで出場する黒田のスパイクやMB佐藤のサービスエースが飛び出し更に慶應は勢いに乗る。終盤に入るとWS吉田のスパイクが決まり、サーブに下がるとサービスエースを奪い23-14となる。そして最後は相手のミスで25-15と危なげなくこのセットを奪う。

・第2セット
慶應はマルキや樫村を中心に得点を挙げるが島根大学のWS太田やOP小原にサイドアウトを奪われ序盤は均衡した試合運びとなる。しかし佐藤の眼が覚めるようなBクイックが炸裂するとマルキとS尾木の流れるようなコンビを見せ次第にリードを広げ14-9となる。終盤、ピンチサーバーで起用された立木がサービスエースを奪いチームの勢いを更に加速させる。そして最後は黒田のブロックが決まり25-15でこのセットを奪う。

・第3セット
相手のスパイクミスで先制した慶應は、佐藤に変わってこのセットからの出場となった清水のサービスエースでブレイクし、幸先の良いスタートを切る。さらに、尾木のサーブで相手を崩し、自身のサービスエース2本を含む6連続得点で12−5とする。勢いに乗った慶應は、マルキやピンチサーバー岩本のサーブでさらに相手を崩し、25−10でこのセットを奪う。

よって、セットカウント3−0で本塾の勝利。2回戦へ進出した。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】
久保田さん(S37)
中野さん(S44)
栗田さん(S53)
野瀬さん(H28)

万が一記入漏れがございましたらご一報ください。

それでは失礼致します。

加藤 真